ここから見える風景


11月から美観地区近くで張り子の師匠の工房兼お店で店番を始めます*

張り子や茶道具、書道具を扱っています。

昔はこの工房は茶室だったそう。

師匠は、表具師でもあり、とても文化的な方。

器の扱い方や心構えなど、私たちの世代が知らない粋なことをいつも教えてもらっています。

私は店番をしながら、11月から本格的に機織り体験も始めることに。

自分の好きなもの、好きなことに囲まれた環境にいれて本当にしあわせ。

そして何より、拠点があることのありがたさを痛感。

お店にいるだけで、毎日いろんなことが起きている。

お友達や近所のひとがお茶しに寄ってくれたり

「はたおり機、初めて見た!」と喜んでくれるひとがいたり

師匠のお友達があそびにきてくれたり

素隠居のお面作りをそこで教えてもらったり…

阿智神社も近く、ガラス張りの店舗なので外の空気感を感じられることが心地よい。

いろんな風が入ってくると新しいアイディアが生まれてくる。

今まではどちらかというと目に見えない体験やサービスを提供することが多かったので、「商品」を販売することは初めて。

お茶や書のことについて学びを深めていきたいな。



*機織り体験受付中*
http://www.pinata-life.jp/2017/09/blog-post_30.html

















コメント

人気の投稿