倉敷の伝統文化「素隠居」(すいんきょ)のお面作り体験



\倉敷の伝統文化「素隠居」(すいんきょ)のミニお面作り体験/


「すいんきょ」ってなぁに?

倉敷の阿知神社のお祭りに現れる素隠居(すいんきょ)。

江戸時代に町の有力なご隠居が、自分たちの代わりに「じじ」と「ばば」のお面をつけた若者を代参させたのが始まりとされています。






素隠居が持っている”うちわ”で頭を叩いてもらうと「賢くなる」「健康になる」と言い伝えられています。300年以上続く倉敷の風景です。

素敵な”隠居”という意味もある素隠居。ご夫婦でご家族で、幸せな将来を願いながらお面作りをするのもおすすめです。もちろん、お友達同士や、お一人様〜のお申込みも大歓迎です^^

体験詳細

体験で作成するお面は、手のひらサイズの張り子のミニお面になります。
和紙張り体験と絵付け体験をしていただきます。
当日お面はお持ち帰りできます。



①お面の原型に、備中和紙を重ねて貼っていきます。


②自分たちの将来を思い浮かべながら、自由に絵付けをしていただきます。

絵付けする本人に似た雰囲気になることが多いのがおもしろい♪


体験時間:1時間半〜2時間
料金:おひとり様  3,780円(税込)
場所:倉敷市阿知2-16-35 素隠居工房一草一木亭 内(JR倉敷駅より約徒歩10分)
予約申込み先:pinata.33cy@gmail.com
お名前と人数、希望日時をお知らせください。
48時間以内に返信がない場合は、お手数ですがこちらまでお電話ください。
でんわ:090-9677-2962
※完全予約制です。

コメント

人気の投稿